現在地:ホーム > サービス > 外国特許出願
外国特許出願
編集者:admin  日付:2014-08-19  ブラウズ:12967 フォントサイズ このページを印刷

中国特許法第20条によると、国の中国の単位又は個人が外国特許出願に自分の発明を完成させる」と規定している、国務院特許行政部門は最初の特許を申請しなければならない、その特許代理機構が処理するように指定され、を遵守委嘱第IVの法規定。 
    中国の単位又は個人は、中華人民共和国に参加するために、関連する国際条約に基づく国際特許出願をすることができる。国際特許出願を出願人は、前項に従わなければならない。 
    関連する国際条約に基づいて国際的な特許出願の特許行政部門は、この法律及び国務院の関連規定は、中華人民共和国が参加する。 "

準備前にアプリケーション 
1申請者は、次の情報を提供しなければならない。 
(1)先に、などの要求、受諾及び明細の通知、特許請求の範囲、図面、要約、などの中国特許出願書類(優先権を主張している); 
(2)発明者(英語)の名前と住所を; 
(3)名前(名)と住所(英語)申請者; 
(4)国の特許出願·タイプに適用されます。 
(5)既存の技術情報。 
    あなたが外国の出願人に特許を出願し、出願人の先の出願に不整合がある場合の証明の新しいアプリケーションは、外国の特許を申請する合法的な権利を有しているように、アプリケーションは転送する前、出願人が署名する必要があります。特に注目すべきは、米国特許法の規定は、唯一の発明者が権利を有する特許出願をすることであるため、米国特許出願、米国指定のPCT出願には、出願人として発明者になる必要があります。職務発明は、それらのユニットに転送する権利のために適用される移転を証明するために発明者によって署名されなければならない。 (振込の証明書に署名する方法) 
    締め切りの2中国人開示。出願日から中国·アプリケーション·月には、少なくとも18人が発表される。出願日から一年を経過した後、出願人が優先権を失うものの、海外での準備ができていますが、限り先の出願が開示されていないようならば、あなたはまだ他の国にも適用することができます。 

第二に、方法の選択は、外国の特許を申請する 
    1外来」パリ条約」に直接申請書を提出することにより 
    「パリ条約」の原則の規定の独立した審査、唯一の国で有効な国内特許、すなわち、特許出願の国内承認は互いに独立しています。あなたは1加盟国「パリ条約」に特許保護を取得したいのであれば、あなたは国に申請書を提出しなければならない。 
    外国に直接行われた特許出願の利点によれば、「パリ条約」とは、短い時間である。さらに、エージェントの私たちの経験に基づいて、時より少ない5国内出願、総費用は一般的に低くなっています。不利な点は、適用前に、各出願人国の要件、緊急より長い異なるテキストのアプリケーションのテキストを提供する必要に応じてということである。また、と初めからアプリケーションプロセスを、すべての国、大規模な初期の経費を起動し、したがって、リスクが高くなります。 
    「特許協力条約」(PCT)特許出願 
    「特許協力条約」簡略化された国際特許出願の手続き、情報の転送を高速化する技術の使用は、特許制度は、国際化の傾向に適応する。現在、主要な国際国は、PCT加盟国を持っている。 
    受理官庁が提出した国際出願の「特許協力条約」によると、同時に相当、各指定国は、リクエスト法的効力を提出した。国際出願はまた、先の出願の優先権を楽しむことができます。 
    基本プログラムは、PCT出願及び国内段階の国際段階に分かれています。 
    国際舞台 - 出願日で16カ月程度の優先日から9ヶ月、アプリケーションが発行され、選択した国際調査報告検索単位のコピーを受信します。出願者は変更を行い、国際事務局に提出するよう請求についての文書を取得することができます。フル出願日または優先日では、塗布後18ヶ月は公開され。 19か月の満了前に出願日または優先日から、出願人は国際予備審査を請求するかどうかを決定する必要があります。このような要求は、国際予備審査、国際予備審査機関は、出願日または優先日から適用の特許性についてコメントすることを、28ヶ月以内に国際予備審査報告書を発行します。指定された国内の特許庁のレビューに関する報告書は、バインドされていません。出願人が30ヶ月前に完全な出願日又は優先日をしなければならないなので指定する(国際予備審査のための20ヶ月と比較して、人を要求するアプリケーションを作っていません) 

国の国や地域に入るには、要求を送信し、国際出願の翻訳文を提出する。への「国際段階」によるしたがって国際出願」の国内段階。"
    ナショナル舞台 - 「国内段階」を入力する国際出願、国内特許庁によると、アプリケーションの実体を確認し、その手順や国家プログラムに直接申請書を提出するためには、国の承認を得た後に特許を取得し、ほとんど同じである。 
    PCT特許出願の利点は、非常に単純な最初の適用である。 
(1)中国の人々のために、中国の特許庁は、単に中国の出願書類を提出し、プログラムの国際段階における国際予備審査も非常に便利で、中国の使用することができます。 
(2)PCT出願の使用は、12ヶ月の優先期間を提供「パリ条約」に基づいてより各指定国の時刻を入力するには、海外からの直接延期8または18ヶ月に適用されます。このような応募者は、最終的に入るためにどの国を決定するために市場調査を実施するための資金を調達するより多くの時間を持っている。 
(3)国際調査報告及び国際予備審査報告は、のための国家の最終を入力するかどうかを決定する際に申請者が提供する貴重な参考とすることができる。アプリケーション上の2つのレポートがあることが判明した場合、非常に不利な比較文書、又は国際予備審査報告の偏向的見解は、このように、その後の費用を避けるために、国内段階移行あきらめる検討して申請者について非常に楽観的である。また、国際的な舞台で、PCT出願を選択して、国家の段階に入って、出願人は、繰り返し申請書類を修正する機会を持っています。 
    短所はPCT出願は、国際舞台のコストよりも多くを費やして、適用する時間が長くなる。中国企業のために、以下の国の5のみを適用した場合、経済の中でPCT出願を選択して、時間の価値はありません。また、デザインは、PCTルートで適用することはできません。 
    要約すると、PCT出願はさらに、投資判断の延期を「購入」し、意思決定のための基準を提供し、より多くのお金を費やしています。 PCT出願は、いくつかの多国籍操作方法をより助長している。 
    3地域の特許出願 
(1)欧州特許 
    特許システムの統合から認可された欧州特許出願の確立。唯一その国への欧州特許は、While 

どの国の国内効果的な、天然または法人のメンバーが適用される場合があります。出願人は、審査と承認した後に、欧州特許庁に申請書を提出するために、1つの言語で、英国、フランス、ドイツに欧州特許庁が必要には、特許保護を得るために、加盟国に指定することができます。欧州特許庁は、出願後に付与され、テキストは加盟国指定されたレジスタで許可されていて国内規制の翻訳文を提出する必要があります。現在の欧州特許は、以下の国に適用されます。 
    オーストリア、ベルギー、スウェーデン、ドイツ、デンマーク、スペイン、フィンランド、フランス、イギリス、アイルランド、イタリア、ルクセンブルグ、モナコ、オランダ、ポルトガル、スイス、リヒテンシュタイン 
    統一された欧州特許出願を達成するために、だけでなく、審査と承認の統一を達成するためだけではなく、真の意味での地域の国際特許である。アプリケーションレビュープロセスでの申請者は、唯一の非常に便利ではありませんでしたが、また多くの国で、コスト削減を指定していることができます。承認に必要と登録の国家の翻訳で指定し、適切なテキストを提出した後、欧州特許出願は、一般的に場合にのみ、指定された国を超える3、経済はフィット感を感じるでしょう、したがって、一つだけ加盟国のための特許出願のコストよりもはるかに高い。 
(2)アフリカ知的所有権機関の特許および特許契約ハラレ 
    ブルキナファソ、ベナン、中央アフリカ共和国、コンゴ、コートジボワール、カメルーン、ガボン、ギニア、ギニアビサウ、マリ、モーリタニア、ニジェール、セネガル、チャド、トーゴ:アフリカ知的所有権機関は、以下の国が含まれています。ガーナ、ガンビア、ケニア、レソト、マラウイ、スーダン、シエラレオネ、スワジランド、タンザニア連合共和国、ウガンダ、ジンバブエを含む協定のハラレパーティー、。 
    特許はすべての加盟国で有効な二つの組織のより均一な適用、統一された審査、統一された許可、認可された特許である。 
    (3)ユーラシア特許 
    加盟国は以下のとおりです。アルメニア、アゼルバイジャン、ベラルーシ、キルギス、カザフスタン、モルドバ共和国、ロシア、タジキスタン、トルクメニスタン。 
    ユーラシア特許手続きは限り欧州特許庁へのロシアの出願人が申請書を提出し、加盟国として指定して、非常に単純であり、特許出願がユーラシア特許庁に承認されるまでは、限り指定された国に年会費を払うように、 

国と地域で有効と特許。 
     地域の特許出願およびPCT出願経路は矛盾しな方法ではありません。同時に一つのメンバーの指定されたPCT出願は、指定したように、地域の特許庁がすることができます。国内段階に入るとき、それは、あなたは、特許の分野と同様の手順に従って対処することができる広域特許事務所に入る。 

第三に、香港の特許制度 
    1「特許条例」と「登録意匠条例」 
    「標準特許」と「短期特許」を含む香港の特許制度、ほぼ私たちの発明特許と実用新案特許に対応する新たな香港」条例は、特許」の規定によると。 
    標準特許は、指定された特許庁の審査によって付与された特許を参照する特許の再登録と香港で授与。中国特許庁、英国特許庁、欧州特許庁のために(英国に指定)指定特許庁。すなわち、本発明の特許は3つしか指定官庁に適用され、香港知的財産部は、登録および承認で可能な要求レコードではありません。 
    二段階で標準特許を取得する必要性。 
    第一段階は、指定された特許庁になされた発明特許出願は、香港知的財産局の記録に指定官庁による開示後6ヶ月以内に適用する必要があり、申請書審査を通過した後であれば、約6カ月後に記録要求中記録情報は、香港政府官報に掲載されるために与え。 
    アプリケーションは、香港知的財産部は、登録と承認を要求してから6ヶ月以内に指定官庁によって認可指定官庁にリリースされた記録が、許可された第2段階。審査フォームを通過した後、指定特許の元の承認は、香港で標準特許を招く。その標準特許の元指定特許の授権独立した。オリジナルの20年からの自己指定特許出願のための標準的な特許保護期間。 
    目的は、短期特許ビジネス価値を作ることである発明のために短命特許保護をできるだけ早く得ることができる、小さい。中国の実用新案は、短期特許の保護の範囲とは異なる製品の発明を保護するためだけでなく、本発明の方法を保護するために、両方の、非常に広い。 
    香港知的財産局によって直接処理短期特許は、評決使用承認書をレビューする資格。しかし、アプリケーション 

短期特許を取得するために指定された特許庁による報告書を提出しなければならない発行。指定特許のオフィスに含まれるもの 
米国、ヨーロッパ、オーストラリア、オーストリア、日本、米国、スイス、ロシア、スペイン特許庁における。短期特許は、先の出願の優先権を楽しむことができます。出願日または優先日4年リニューアルから短期特許期間4年間。 
    保護するために、「登録意匠条例」を通じて香港のデザイン。香港知的財産局は、アプリケーションを設計する直接処理し、判決の実体審査で認められていない。意匠登録出願が先の出願の優先権を楽しむことができます。出願日または優先日五年、4回再生可能エネルギー、および保護の25年までの5年間の各リニューアルなどからデザイン保護。 
    中国に入るPCT出願の発明のための特許出願は、6ヶ月以内に国内段階に入ったときは、申請者は、登録の申請を6ヶ月以内に中国香港の後に認可の申請を保留し、香港知的財産部に標準特許を記録するための要求を提出しなければならないし、承認。 PCT出願が入ると、中国と選択された実用新案保護は半年国内段階に入る短期特許出願に香港に拡張することができる。 PCT国際出願日は香港短期特許出願日に提出されたものとみなされる。 
    発明やデザインに短期特許出願の場合、出願人は、優先度、香港の知識への優先期間として、実用新案特許と中国の設計アプリケーションのために行うことができ、香港知的財産部に直接アプリケーションをすることができるIPDを提出した。 
    香港知的財産部、処理するために、香港の特許機関が香港に登録する特許を申請した。

香港本社
TEL:+852 2575 5755(20ライン) Fax:+852 3576 3539
福田事務所(ユニオンビル)
TEL:+86 755 6128 6655 Fax:+86 755 6128 6565
福田事務所(ゴールデンリング)
TEL:+86 755 3322 2298(20ライン) Fax:+86 755 3322 2297
深セン南山事務所(ティンハ国際ビル)
TEL:+86 755 3333 2226 Fax:+86 755 3333 2608
深セン羅湖オフィス(国際貿易ビル)
TEL:+86 755 8249 0096 Fax:+86 755 8249 0252
(ディープ庭)福田事務所
TEL:+86 755 8299 6098 Fax:+86 755 8299 6229
北京事務所(ディーン·アン·ステーション)
TEL:+86 10 5166 9188 Fax:+86 10 6566 4867
北京事務所(国際ビル)
TEL:+86 10 65918829 Fax:+86 10 6591 9929
上海事務所(上海産業投資ビル)
TEL:+86 21 5169 3988 Fax:+86 21 5169 1844 
ユニバーサルは、香港、登録会社、会計·税務サービスによって提供される。
©1995-2014長官香港リミテッド著作ユニバーサル会計
トップに戻る ユニバーサルはじめに お問い合わせ