現在地:ホーム > サービス > 中国税務
中国税務
編集者:admin  日付:2014-08-19  ブラウズ:11852 フォントサイズ このページを印刷

まず、既存の税制 改革開放の30年間、税務システムのいくつかの大きな改革の後に熟成されています。税制改革、改革開放を突破口として、開口部に外国の税制の確立を適合させる必要があることである。 1983、1984および国有企業の二段階の実装を持って、"李Gaishui」改革、税の形で固定された状態と企業の間で配分。 1994、状態はかつて、新中国の建国以来最も遠大な税制改革を最も重要な成果の最も広範な範囲を最大を実施しました。この改革は、社会主義市場経済体制の確立の周り目標、積極的に社会主義市場経済システムの要件を適応させるために税制を構築する。 、科学的な開発コンセプトによると、2003年から社会主義市場経済体制の改善と適度に豊かな社会を構築するという目標の周りに、農村税の改革のステップ実装歩、物品·サービス税、所得税、固定資産税と税のシリーズを向上させる改革と輸出税還付メカニズムの改革。変化した後、現在、付加価値税、消費税、営業税、法人税、個人所得税、資源税、都市土地使用税、固定資産税、都市維持及び建設税、農地占有税、土地税、自動車購入税、走行税の合計、印紙税、証書税、たばこ税、関税、トン数税、固定資産投資の方向調整税等19税。このうち、税務部門が徴収税の17種類は、税関部門でも、消費税を加えて、税関当局によって課さ関税および重量税財付加価値税(VAT)の輸入、国務院による固定資産投資税は2000年以降からの賦課金を一時停止することを決めた徴収。 第二に、徴税 1、税務管理法。 「税務行政法」が正式に2001年に改正された、1992年に公布された。 「税務行政法」納税者が行政法の基本的な手順と要件の税金に関する事項を処理することが提供する、税務行政、徴税、税務調査、法的責任や他の主要なコンテンツを含む徴税·管理の基本法であり、税務当局である法律に基づいてその職務を行うために税務当局に関係する納税者のコミュニティの彼らの合法的権益を保護するため、法律に基づいて納税義務を果たすための重要な基礎は、法規範を遵守しなければならない。 2、基本的な目標や徴税のモード。私たちの仕事の基本的な目標は、徴税と徴税の品質と効率を向上させる税務コンプライアンスを促進することである。これらには、法執行の基準は、コンプライアンスが高く、コストを削減し、社会的な満足感。徴税モード」、検査に焦点を当て、コンピュータ·ネットワーク·ベースの集中コレクションの基礎として税務申告及び最適化サービス、管理を強化する「すべてのレベルで一定の実践と探査の税務当局を通じ、中国が徐々に形成されています。 3、手順の一般的なルール。税務登録、書籍、資格情報管理、請求書管理、税務申告、税の徴収、課税査定、税務調査やその他のリンクなど、徴税の一般的な手順。 第三に、税務サービス 1、税務サービスのコンセプト。税務サービスは、仕事は納税者の満足度、そして最終的に納税者のコンプライアンスに基づいて、納税者のニーズを開始しました。近年では、すべてのレベルで、中国の税務当局はしっかりと税金を目的とした税法の遵守を向上させるために、基礎への情報で、納税者の合理的な需要のための基礎として、法令に従い、サービスコンセプトの両側間の平等の法的地位を確立する全体的なサービスの仕事の要件、常にサービス内容の充実、サービスは自分の仕事を改善し、サービスメカニズムを改善し、技術革新を意味します。 2、メインコンテンツ。税法宣伝、税務コンサルティング、税務サービス、権利保護、与信管理、ソーシャルコラボレーションを含む。 3、主なキャリア。発展と現代の科学技術の分野での税務サービスの発展に伴い、中国の税務サービスは、税務サービスホール、税ポータル、12366納税サービスホットラインや他のキャリアを含む継続的な改善と完璧を意味する。 第四に、納税者の権利と義務 納税者の便宜のために税務処理で楽しんで自分たちの権利と義務を理解し、税務問題の納税タイムリーな完了を助け、正確には、2009年11月、国家税務総局は、納税者の権利と義務に課税の「総局が発行した発表は、「納税義務の権利が発表された享受すべきである。 納税者の権利。納税者の権利の権利と利益を保護し、尊重することを法律で確認された納税義務を果たすには納税者を意味し、納税者の合法的権益が侵害された場合、納税者の救済と補償の権利が与えられるべきで、主含む:知る権利、秘密保持、税務監督、税申告モードオプション;権利を宣言するために延長を申請、右の税金を支払うために延長を申請、右過払い税の還付の申請、法律に基づいて税優遇権利を享受、税理士を任命;文を自分自身を守る、税務検査証検査および税務調査通知を受ける権利の否定は生じなかった。税法的救済を、法律の権利は、公聴会を要求するために、14右のように、関連する税務上の書類や物を得た。 2、納税者の義務。納税者は憲法の規定、税法や行政法規に従い、納税者は税金の過程で、以下の義務があり、バランスのとれた権利と義務である:税務登録の義務の法律に従って、法律の本、書籍や関連する情報に応じただけでなく、律法を守るのセットアップ発行、使用、取得し保管請求書の義務;義務財務会計システムと会計ソフトウェアの記録、納税義務デバイスを使用し、インストールに従ってください。タイムリーに、真実の報告義務、納税の義務を支払う。源泉徴収、税金を集める義務、義務の法律に基づいて検討し、タイムリーな情報を提供する義務、債務及びその他の税務関連情報の他の報告10の義務。 第五に、税収 近年では1、税引前利益。 1994年以来、中国の税収は、特に近年では、中国の税収の出現は、収益成長の勢いを拡大している、安定的かつ急速な成長を維持している。 「十一五」期間は、国の税収は2007年に2006年の税収で、着実に3763700000000元、4945200000000元を成長させるために、2008年5786200000000元、2009年6310400000000元、2010年7739400000000元を。 「十一五」の間に、国全体の税収は28000000000000元、「15」期間の2.6倍の総収入、9305億元の税収入の年平均額を上回った。 2,2011税引前利益。 20119572900000000元の国税収入、「第2次5 "最初の年である。税収の伸びは経済発展とともに四半期四半期を遅らせた。全国の総輸出税還付9205億元、2010年には1876億元増加し、25.6%の増加となりました。 3、近年のマクロの税負担の状況。 2005 -2010、マクロの税負担は毎年は、次のとおりです。16.7%、17.4%、18.6%、18.4%、18.5%、19.4%を。 これらの「税収」は関税、重量税、農地占有税、行為、減少していない輸出税還付を含まない税務部門の組織によって徴収税が含まれています。 六、税務機関 税務当局は徴税部門管理を担当している。中央政府は国家税務総局を設定、国務省は、税務機関の直下に取り組んでいます。省と国家税務及び地方税二つのシステムについては、次の税務機関に分割されている。州税システムのリーダーシップ構造は国家税務総局の垂直管理を実現するために、地方(自治区、市町村)は地方税の省(自治区、市町村)人民政府と地方政府の指導者への二重リーダーシップベースの管理システムの下で国家税務総局を実施するために、地方の(自治区、市町村)は、次の地方税が高い税務当局と同じレベル、上記のグレード垂直リーダーシップの税務当局ベースの管理システムでの政府の二重のリーダーシップを実装します。

香港本社
TEL:+852 2575 5755(20ライン) Fax:+852 3576 3539
福田事務所(ユニオンビル)
TEL:+86 755 6128 6655 Fax:+86 755 6128 6565
福田事務所(ゴールデンリング)
TEL:+86 755 3322 2298(20ライン) Fax:+86 755 3322 2297
深セン南山事務所(ティンハ国際ビル)
TEL:+86 755 3333 2226 Fax:+86 755 3333 2608
深セン羅湖オフィス(国際貿易ビル)
TEL:+86 755 8249 0096 Fax:+86 755 8249 0252
(ディープ庭)福田事務所
TEL:+86 755 8299 6098 Fax:+86 755 8299 6229
北京事務所(ディーン·アン·ステーション)
TEL:+86 10 5166 9188 Fax:+86 10 6566 4867
北京事務所(国際ビル)
TEL:+86 10 65918829 Fax:+86 10 6591 9929
上海事務所(上海産業投資ビル)
TEL:+86 21 5169 3988 Fax:+86 21 5169 1844 
ユニバーサルは、香港、登録会社、会計·税務サービスによって提供される。
©1995-2014長官香港リミテッド著作ユニバーサル会計
トップに戻る ユニバーサルはじめに お問い合わせ