現在地:ホーム > サービス > 内部監査
内部監査
編集者:admin  日付:2014-08-19  ブラウズ:10171 フォントサイズ このページを印刷

内部監査作業の一般的な手順 
1年次監査作業計画の準備: 
会社と実装するゼネラルマネージャーの承認が必要翌年に提出する年次監査作業計画の作成に焦点を当てた監査を決定するために、同社の経営を展開するため、必要に応じて、各事業年度の終了前1ヶ月以内。 
監査プロジェクトを決定する2:毎年恒例の監査業務計画によると、監査プロジェクトを決定し、プロジェクトリーダーを指定するには、特定の状況と合わせ、表示又はゼネラルマネージャーを承認した。予備の理解に基づいてエンティティ、財政状態その他の事情を監査対象の生産経営におけるプロジェクトリーダー、監査マネージャおよび実装によって承認されたプロジェクトの監査計画の作成。 
監査計画は次のとおりです。 
a)は、監査対象のエンティティ名; 
b)は監査範囲、内容、目標; 
c)は、プロジェクトの監査スケジュール; 
d)その他の事項。 
監査された事業体の監査に監査の前に、第3の実施のための承認されたプロジェクト計画に従って監査グループ監査(特別監査プロジェクトを除く)の書面による通知を発行した:3は、監査の通知を発行した。監査の通知は、次のものがあります。 
範囲a)監査、コンテンツ、方法、時間; 
b)は監査チームのメンバーのリスト。 
c)は、監査対象のユニットは、ジョブ要件に、監査さ。 
d)の署名と監査済み実体の発行日。 
e)の監査済みのエンティティの監査が必要な自己検査を考慮し、自己検査内容は、監査の通知に要件と期限を示すべきである。 
監査されたエンティティの監査通知を受信すると、通知が要件、良い監査の準備を監査し、監査業務に必要な労働条件を提供する必要があります。 
4監査:監査中、監査人が監査業務の特定の要件に応じて、慎重に監査調書によって調製し、貴重な監査証拠を得ることができます。監査ワーキングペーパーの主な内容は次のとおりです。
a)は、監査対象のエンティティ名; 
b)はプロジェクト名を監査し、時間を確認するために監査を計画し実施する。 
c)の監査プロセスレコード; 
準備と審査のd)の準備と審査の名前と日付; 
問題のe)の他の説明。 
5、作成する監査上の意思決定を監査報告書を提出:監査の終了時に監査チームは、総合的な分析を行う必要があり、 
監査されたエンティティとの意見交換の後、監査書かれた監査報告書の終了後に10(祝)日 
報告書草案。監査されたエンティティ、3(祝)日のドラフト監査報告書を受領した日から、監査済みのエンティティは、監査報告書に書かれたコメントを提出しなかったが、監査チームを書面で彼らのコメントをお送りしますしなければならないクレームとみなすことができる。基礎としての監査証拠に監査報告書の作成、客観的かつ公平にするために。監査報告書の目的は、コメントや提案を処理、監査、監査範囲、内容、発見の問題、評価、結論が含まれています。監査報告書は、証拠材料と関連する情報を添付しなければならない。監査後の内部監査報告書は、担当の副社長兼ゼネラルマネージャに監査マネージャを報告している。 
監査報告書6監査部の後、次の規定に従い、監査部による署名を担当する副社長兼ゼネラルマネージャーの後、基準の用語のゼネラルマネージャーを許可する: 
監査意見により発行されたa)の監査済み実体、州の規制の無いまたはマイナー違反を持つ個人、会社の規則や規制行為; 
b)は州の規制に違反して、監査対象の部門や個人を、裁判で、治療の省庁に提出された行動は、監査の社内ルール:会社の名前での治療と刑罰は、ドキュメントの監査の決定を出した。 
7「監査治療の決定、"メインコンテンツ 
a)は、監査内容、範囲、方法および時間; 
規律違反の挙動という事実によって監査される監査報告書のb)の識別; 
c)の規律定性的な振る舞いの違反、契約、ペナルティ決定とその根拠を作る。 
d)の問題の是正の必要性; 
e)の治療、刑の実行期限と要件の決定。 
8監査レビュー 
異議は三日を確認し、審査チームの構成を指定するかどうかを決定するゼネラルマネージャーによって作ら審査の申請を受領した7日以内に審査の申請後にゼネラルマネージャーになされるべきか、決定や結論を監査する監査済みエンティティ。レビューパネルは、監査報告書の後に行わなければならないなど、裁判が間違っていた監査の5日以内に、監査が隠さ見つからないか、裁判に省略するものとする。いつものように実行される元の監査の結論や決定の見直しの際。最終的な結論と実行する必要があり、監査対象の事業体の意思決定としての結論や決定を検討するパネルを確認します。 
9の後グループ株式会社は、関連する機能部門是正措置の実施を監督する監査報告書、監査部門を承認した。

香港本社
TEL:+852 2575 5755(20ライン) Fax:+852 3576 3539
福田事務所(ユニオンビル)
TEL:+86 755 6128 6655 Fax:+86 755 6128 6565
福田事務所(ゴールデンリング)
TEL:+86 755 3322 2298(20ライン) Fax:+86 755 3322 2297
深セン南山事務所(ティンハ国際ビル)
TEL:+86 755 3333 2226 Fax:+86 755 3333 2608
深セン羅湖オフィス(国際貿易ビル)
TEL:+86 755 8249 0096 Fax:+86 755 8249 0252
(ディープ庭)福田事務所
TEL:+86 755 8299 6098 Fax:+86 755 8299 6229
北京事務所(ディーン·アン·ステーション)
TEL:+86 10 5166 9188 Fax:+86 10 6566 4867
北京事務所(国際ビル)
TEL:+86 10 65918829 Fax:+86 10 6591 9929
上海事務所(上海産業投資ビル)
TEL:+86 21 5169 3988 Fax:+86 21 5169 1844 
ユニバーサルは、香港、登録会社、会計·税務サービスによって提供される。
©1995-2014長官香港リミテッド著作ユニバーサル会計
トップに戻る ユニバーサルはじめに お問い合わせ